映画 いきたひ 上映会 感謝 ありがとうが溢れていた

今日もありがとうございございます😊
天然自然流書楽家 紅風です。

1月28日  仙台にて
映画  いきたひ  上映会  主催をさせていただきました。

10月中頃からスタートしたこの企画。
上手く出来るのだろうか?みんなは受け入れてくれるのだろうか?被災地での開催で抵抗のある方がいるのではないか?とおもいが錯綜する毎日。

もう、体調崩すは、息子が肺炎にかかるは、仕事は本当に多忙で眠れない毎日。それでも、周りの方にどうしても
伝えたい命を考える時間のこと。
考えて、行動を繰り返す。

年が明けて、10日。
母が倒れたという電話。
え?なに?  今、今なの?神様。
命と向き合う時間。覚悟してその日に母のいる長野市へ向かいます。
一命をとりとめ、管に繋がれて絶対安静の母。面会時間も限られる中夕食時に寝たきりで食べなければならない母の介助をしながら、二人で過ごすことを味わった。

母に言った。

生かされた命なのだから、
これからは本当に自分がやりたいことに時間をさいたら?

娘達とちゃんと向き合って今までのわだかまりや時間をとりかえしたらいいんじゃない?と。


そう、親子関係がこじれて私はもちろん妹達も連絡をとらずに過ごした時期がありました。

妹達にも言いました。

母の命はそう長くはないように思う。
今からでも間に合う。ちゃんと母ちゃんと向き合う時間だと思って過ごしてね。


こんな言葉が出るのは、この映画にかかわれたから。

もう、私自身をさらけ出し訴えよう。

上映1週間前。
スタッフのと打ち合わせで実情確認と今後の動きを確認した。
出来ることをやりきろう!その想いで一丸となれた気がした。

上映当日。
会場内の雰囲気がめちゃくちゃいい中
来場された一人一人の中にある悲しみ、後悔などなど涙で浄化されて。

何故か

死をテーマにしている映画なのに生きる  生ききる!!と宣言出来て清々しい気持ちになって感動したと

感想を頂き 
誘ってくれてありがとうと
帰ってかれたお客様。

こちらこそありがとう感謝
たくさんのありがとう😊

私は本当にやり遂げた。
大きな課題をやり遂げた。
そんな気持ちでまた前進しようとしている。

紅風 天空の家

天然自然流 書楽家紅風(くう) あなたの使命お伝えします かくことであきらかに。自分の本当の想いや考えを引き出してみよう。

0コメント

  • 1000 / 1000