ヲシテ文字と六感アーティスト 宙響と紅風 ①

今日もありがとうございます。
天然自然流書楽家紅風です。

筆文字の仕事をしてから突然目の前に現れた感が強い、ヲシテ文字。

日本の縄文時代の文献ホツマツタエに使われている文字です。勉強会にも参加できるようになり学ぶに従って文献の内容のすばらしさと日本人に生まれたことに感謝しています。
この文献には今の神社に祀られている神様がたくさん出てきます。

 今年のはじめに出会った六感アーティスト 宙響のお二人。岩田さんとお凛ちゃん。イベントの準備の仕方、チラシの作り方などイベントの準備をしながら色々教えていただきました。

4月に行われたイベントで自分のルーツを知るという内容で鉱物や地層、地球のエネルギーに詳しい岩田さんがお話をしてくださいました。
地球レベルのルーツのお話。

今、私がここにいることも何か昔から受け継がれていて何か理由があってここにきている。と感じでいます。
(私は長野市出身。今、塩釜市在住)

“紅風さんはどこからきたかめちゃくちゃわかりやすいね。“ と言われたけれど、すぐには教えてくれませんでした。

この半年、一緒にコラボイベントをさせていただいたり地球、宇宙エネルギーについてお話をたくさん聞かせていただきました。

ーーーーーーーーー
ホツマツタエの講座の中で、
神社についてお話がありました。
神社の鳥居の朱色は水銀の採れる処の目印であること。
”辰砂という赤土から採取するんだけどね。紅風さん、書を書く時に墨に混ぜてつかってみたらいいんじゃない?“とホツマツタエの先生がポツリとおっしゃいました。

へーそんな土があるんだー。
使えるのかな?

こんな話を岩田さんにしたところ
点と点がつながる瞬間がやってきます。

続きは
ヲシテ文字と六感アーティスト 宙響と紅風 ②へ。









紅風 天空の家

天然自然流 書楽家紅風(くう) あなたの使命お伝えします かくことであきらかに。自分の本当の想いや考えを引き出してみよう。

0コメント

  • 1000 / 1000